船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM戸建分譲

分譲住宅の営業で契約率を高めるための「分業営業」とは!?

本日は業績UPを目指す住宅不動産会社の経営者様に
ぜひともお伝えしたい最新事例があり、このコラムを書かせていただきました。

採用難の昨今において業界経験が豊富で即戦力となる営業担当者の採用は難しくなっています。
そんな中、業界経験未経験者を営業担当者として採用している会社様も多いかと存じます。

しかし、新人・未経験者では育成できるまでに
「なかなか契約率が上がらない」「あと一歩のところで契約を取り切れない」と
お悩みの経営者様も多いのではないでしょうか?

今回は新人・未経験者の育成も行いながら、
全社の契約率を向上させる効率的な手法についてお伝えいたします。

その手法が案内は若手、クロージングは管理職が行う「分業営業」です。

実際にこの「分業営業」を実践し、契約率を向上させられている会社様が
千葉県船橋市に本社をおく住宅不動産会社様のアイ・ユニットコーポレーション様です。

アイ・ユニットコーポレーション様は
アイ・ユニットグループとして創業11期目に年商10億、14期目で20億円を達成されました。

現在在籍する営業社員10名のうち9名が住宅不動産業界未経験者ながらも
前期は粗利5.1億円という高い収益性を生み出されております。

この高い収益性を実現する営業手法が「分業営業」です。

アイ・ユニットコーポレーション様では
お客様との商談を案内と接客の2つに分け、その役割を若手とベテランで分業しています。
そうすることで若手は早く現場に立ち経験を積めるとともに成功体験も積めます。
またベテランは数多くのクロージングに参加することができ効率的に全社の契約率を上げることができます。

若手が1人で商談をして「契約が取れませんでした・・・」「次アポが取れませんでした・・・」と
商談終了後に報告を受けてからでは再度商談アポを取得するのは難しい
と感じていらっしゃる経営者様、幹部様も多いのではないでしょうか?
新人・未経験者に商談の経験を積ませて育成しながらも、
会社としての契約数を確保すべく、決める人がクロージングすることが重要になります。

今回、このアイ・ユニットコーポレーション様の分業営業の取り組みにご興味を持たれた方に朗報です。

未経験者が活躍する仕組み構築し、会社立ち上げ14期目で年商20億円を達成した
アイ・ユニットコーポレーション様の石橋社長が船井総研のセミナーにご登壇し
分業営業をはじめとする自社の成功の秘訣をお話いただけることになりました!

石橋社長にご登壇いただきその成功の秘訣をお伺いできるのは今回限りとなるため、
ご興味を持たれた方はぜひとも下記のURLより詳細をご確認ください。

■アイ・ユニットコーポレーション様 石橋社長ご登壇セミナーのご案内■
詳細はこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
URL:https://lpsec.funaisoken.co.jp/fhrc/bunjyo/seminar/054848_lp/

分譲住宅事業成功事例大公開セミナー

□分譲事業に参入したいが、自社のエリアでは競合が多く参入が難しいと感じている会社様
□これまで地域密着から売上を伸ばすためにエリアを広げたいがどのエリアがよいかわからない会社様
□人口減少と市場減少による競争が激化する前に、分譲住宅ビジネスを本格化したい会社様
□本業の注文住宅事業が順調なうちに、次の収益の柱となる事業に着手したい会社様
□一人当たりの生産性が高いビジネスモデルに変革したい会社様
□社員に任せても安定的に儲かる土地を仕入れられる土地仕入れの仕組みが知りたい会社様
□若手でも未経験でも売れるビジネスモデルが欲しい会社様
□注文住宅より短い期間でお引渡しができるようになりたい会社様
にはピッタリの内容で、今後の会社経営に役立つ内容となっておりますので
少しでもご興味があればぜひともご参加いただくことをおススメいたします。

分譲住宅事業成功事例大公開セミナーの詳細をまとめた特設ページを作成しておりますので
下記のURLよりご確認ください。
https://lpsec.funaisoken.co.jp/fhrc/bunjyo/seminar/054848_lp/

【分譲住宅事業成功事例大公開セミナー概要】
日時:2020年3月25日(水)13:00~16:30
場所:東京会場 (株)船井総合研究所 五反田オフィス

※商圏バッティングの都合上、千葉県の企業様はご参加をお断りさせて頂く場合が御座います。
あらかじめご了承ください。

お問い合わせ先(船井総研):0120-964-000(平日9:30~17:30) 担当:中田

当日、会場で皆さまにお会いできるのを楽しみにしております。