船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM不動産売却&
空き家再生
無料経営相談 資料ダウンロード

【地方商圏の最新媒介取得成功事例】営業1人で単月受託件数11件 エリアナンバーワンの店舗が実施している戦略とは!?

 
いつも不動産業績アップメルマガをお読みいただきありがとうございます。
今回は未経験営業1人で単月11件の媒介取得件数を達成した仕組みを大解剖と題して、受託件数を最大化するためのノウハウレポートのご紹介です。
成功事例企業様は取り組みを強化して、店舗の前期受託件数300件超を達成されています。
受託の総数が上がらない、受託件数に伸びを感じられないといった現状を打開するためのノウハウと事例がつまったレポートになります。
受託件数が思うように伸びず、悩んでいる会社様はぜひご一読ください。

営業1人で単月11件の媒介取得件数をコンスタントに達成するポイントとは!?

営業1人で単月11件の受託を達成するための重要なポイントを本メルマガでは一部解説いたします。
受託をコンスタントに獲得するために実施しているポイント、それは下記の2点に集約されます。
①一括査定サイトに頼らない反響獲得の仕組み
②訪問査定数を最大化するための動き、スケジュール
1つ目は、一括査定サイトに頼らない受託の導線をつくることです。
受託件数が最も伸びた要因、それは一括査定サイト以外のチラシや看板といった”直反響”が増えたことが大きな要因です。
一括査定サイトは反響数が安定していますが、受託率が低いことが課題となります。
なぜなら、売却ニーズが低いお客様も多く、なかなか案件化できなかったり、他社様にも反響がわたるという点があるためです。
一括査定サイト攻略は重要ですが、一括査定サイト攻略と同時に店舗全体で一括査定に頼らない直反響の数を大きくしたことが成功した要因の1つです。
そのうえで、対応件数が増えるので、分業化が重要になります。
基本的に、事例企業様は受託の営業のみをおこなう売り営業の専任として媒介取得件数を最大化させています。これを基本とし、訪問査定数を最大化させるため、売り専任者が査定訪問に集中できるような環境づくりをおこなっています。
具体的には、
①契約担当者、売り営業、買い営業と分業制にする
 ➩仕組みを整えて、営業ではない方でも対応できる部分は対応できる体制を整える
②追客の仕組化する
 ➩追客の架電の仕組みを店舗で統一
③販売活動の分業
 ➩受託後の活動は買い専任の営業に引継ぐ

上記で意識されていることは、数字に繋がりにくい動きは分業化で減らし、数字に繋がる動きに専念されています。
いかがでしたでしょうか。上記4点に関して成功事例企業様が具体的にどのような取り組みをされているかは、ぜひダウンロードしてご確認ください。

コンテンツ目次

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
目次

1、受託強化のための店舗の仕組み化
2、訪問査定数を最大化するための動き、スケジュール
3. まとめ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ダウンロードレポートが会社経営の一助になれば幸いでございます。
内容を自社に落とし込むための無料経営相談も実施しております。
是非ご活用ください!

【地方商圏の最新媒介取得成功事例】営業1人で単月11件の媒介取得件数を達成した仕組みを大解剖!

本レポートは店舗受託件数を最大化するためのノウハウレポートになります。媒介取得件数に伸び悩みを感じられている会社様はもちろんのこと、媒介取得を拡大していくにあたって重要なポイントを記載したレポートになります。媒介取得件数が伸び悩んでいる会社様はぜひご一読ください!

無料ダウンロードはこちらから