船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM1dayリフォーム1day
リフォーム

リフォーム業を営む会社が今取り組むべき施策

「リフォーム業を営む会社が今取り組むべき施策」
と題して今回のコラムでは今すぐ取り組んでいただきたい
施策についてお届けしていきます。

6月前後から反響が戻ってきはじめている
リフォーム会社も多いのではないでしょうか。
多くの場合、3~4月に来るはずだった
反響が流れて来ている為、
これで戻ってきた!と油断していてはなりません。
第二波、第三波、と来ることを想定し、
早め早めに集客をし、前倒して
契約まで持ち込んでおくことが必須になります。

また、イベントに大きく依存する
集客体制の企業はダメージが大きいです。
来場の予約制導入や開催方法を一部変更して
開催しても、やはり過去の通常時の
来場数・契約数ほどは見込めないからです。
イベントは、“やったほうがいい”のですが、
それを自社のメイン集客方法とせず、
集客ルートを充実させ、リスクを分散させましょう。

デジタルコミュニケーションが当たり前になる時代です。
新しいチャネルとして、
・自社ホームページからの反響獲得
・その他デジタル媒体の開拓
・紹介促進
などぜひスタートさせましょう。

感染対策は引き続き、気を引き締めて取り組みつつ、
マーケットが元気なうちに
しっかり数字を作っておかなければならない。
これは必須です。

「今年はコロナだからだめだ」
「どこも少しでも案件を獲得したいから相見積りになったら負けても仕方がない」
という空気や風土が出来上がるのを止められるのは、
経営者の行動です。
全国多数の企業をサポートしていると、
“経営者が自分の考え方を社員全体に発信すること”
を絶えず実践している企業が上手く行っているように見えます。
社員が経営層の考え方を理解し、
行動に移してくれることにつながれば、
会社が一丸となって同じ目標に向かう行動を選択できます。

自社がどのような方法で勝ち残っていくべきか決めたい。
どのように社員に浸透させていけばいいかわからない。
そのような時は是非ご相談ください。

選ばれるお店づくりを目指しましょう。

【最新オンラインセミナーはこちらから↓↓】
ゲスト企業4社出演!リフォーム事業経営フォーラム

https://www.funaisoken.co.jp/seminar/063169#_ga=2.38614373.755740868.1596708216-839456873.1565916860